抵当権抹消のための費用

抵当権抹消のための費用

家を売りたいとなったとき、様々な法律が関係してくるものです。そうした法律に則って取引を行っていくからこそ、安心して家を所有していることができるといってもいいのです。どのような法律や権利が存在しているのかを知ったうえで取引を行っていくことで、よりスムーズかつ好条件の住宅売却が成立することになり、非常に高い効果を期待することができるようになるものなのです。
住宅を所有しているということは、抵当権という権利によって保証されているものです。抵当権というものは、主にお金を借りる際に発生する法律であり、そのお金を返済することができなくなった場合に、住宅を競売にかけることができるという法律であり、住宅を担保とした融資を利用していない以上は、その住宅の所有者が抵当権を所有しているということになります。融資を受ける際に、住宅や不動産を担保として利用するケースが多いのは、この抵当権を行使することができるためです。
そして家を売りたいとしたときは、この抵当権を抹消しなくてはならないものです。抵当権の抹消のためには、登録免許税の支払いと、実際に手続きを行う司法書士への支払いが発生することになります。登録免許税は、1度の抵当権抹消につき1000円必要ですが、一般的な物件は土地と物件で別々に抵当権が設定されているため、2000円の支払いが必要になるものです。また司法書士へは、1度の取引のために10000円を必要とするのが一般的です。つまり抵当権抹消のための費用として12000円前後の金額は、少なくとも必要になるということなのです。