シミウスはシミに効果が期待できる医薬部外品

シミウス

 

 

シミウスは、有効成分を含み、ターンオーバーを正常化することで、シミが薄くなる効果が期待できると評判なのです、「医薬品」でも「化粧品」でもない、「医薬部外品」に分類されるオールインワンジェルなのです。

 

医薬品はいわゆる薬なので、シミが消えるのですが、シミウスは医薬品ではなく医薬部外品に分類されるため、シミが消えるということは言えませんが、シミが薄くなる効果は期待できるのです。

 

ざっくりいうと、シミ対策では「医薬品」、「医薬部外品」、「化粧品」という分類に分けられ、その分類によって、実際の効果、効能、成分、効果に対する表現なども変わってきます。

 

では、「医薬品」、「医薬部外品」、「化粧品」の違いはどうなのかを、みていきますね。

 

まず、効果のある順番に並べると

 

「医薬品」>「医薬部外品」>「化粧品」

 

という順番に並べることができるのです。

医薬品とは

まず、「医薬品」に分類される場合は、配合されている有効成分の効果が、厚生労働省に認められたものをいいます。

 

一般的な認識でいうと、インフルエンザや風邪などで病院を受診し、処方箋で出してくれる薬や、ドラッグストアなどで、胃腸薬など処方箋なしで買える薬つまり一般的にいう薬がすべて「医薬品」に分類されるのです。

 

表記の面からみると、法律でも厳しく定められており、シミで例えると、「シミが消える」「シミがなくなる」などの表記がされています。

 

例えば、シミ対策の成分として「ハイドロキノン」という成分がありますが、これはシミを消す効果があります。

 

しかし、「ハイドロキノン」は非常に強力で劇薬なため、この成分が2%以上含まれるスキンケア用品は、医師の処方箋が必要になる成分で「医薬品」となるのです。

 

つまり、「治す」治療を目的にしている場合は、「医薬品」になるわけですね(^^♪

医薬部外品とは

医薬部外品とは、有効成分が一定量以上で2%未満配合されているもので、厚生労働省より認可されいるものをいいます。

 

「医薬品」のような「治す」つまり治療を目的とせず、「シミが消える」といった効果はありません。

 

しかし、有効成分が一定量含まれていますので、「医薬品」のように「治す」「シミが消える」といった効果はないのですが、「シミが薄くなる」という効果は期待できます。

 

つまり、薬ではないため劇的な効能や即効性はない(つまりすぐ治るといった効果がない)のですが、少しずつにシミが薄くなったり、シミを予防したりする効果(メラニン生成を抑制する効果)が期待できるのが「医薬部外品」なのです。

 

表記面でみると、「有効成分」を商品に記載することができます。

化粧品とは

「化粧品」とは、美容を目的にしたもでのであり、一般的には、口紅やファンデーション、マスカラなどをイメージすると思いますが、見た目を綺麗にする目的で、作用や効果を保つものになります。

 

コスメでいうとシミを隠したり、ニキビ跡をファンデーションで隠したり、口紅で綺麗に見せたりするものが、「化粧品」です。

 

コスメ以外でいうと、意外かもしれませんが、歯磨き粉や、シャンプー、リンスなども化粧品に分類されるのです。

医薬 部外品 オールインワンクリーム シミウスをまとめると

 

シミウスは「医薬部外品」なので、有効成分を含んでいながらも、敏感肌に配慮し「天然成分」も含んでおり、シミに対する効果も期待でき、シミを薄くしながらも、保湿や肌のハリなどのスキンケアもでき、長期間使用できるのはメリットです。
「医薬品」であれば、治ってしまえば使う必要はなくなりますよね。
そうなると、また別のお肌の状態を改善するスキンケア用品も必要になりますので手間はかかります。
そういった面からみても、シミウスはこれ一本でずっと使えるオールインワンジェルなので試してみてもいいと思いますよ。


↓\20%OFF&送料無料&返金保証があるのは公式サイトのみ/↓

シミウスは医薬部外品?それとも化粧品?